【2019年5月9日】

2013年建造35,000cbm MGCの売買及び長期裸用船案件を締結

 

【2019年4月1日】

中古船担当部長として三木朋子が入社

【2019年 3月10日】

5,000cbm LPGの新造船を締結

【2019年 2月18日】

2015年建造38,000dwt ハンディー型バルカーの売買及び長期裸用船案件を締結

毎朝、Daily Shipping Newsをメールで配信しております。その内の一部をHP上でアップしております。
※メール配信希望者はこちらをクリック

mailtop

5/24

金曜日

前営業日 (5/23 木曜) BDI:1068ポイント
前営業日比 (5/22 水曜):9ポイント↑

 

Pacific Basin(香港)はM/V Port Kyushu(62,689-dwt・Ultramax Bulker・Built 2019・大島造船所)を約4~6ヵ月・$11,900/日にて定期傭船(Charter-in)。

ニューヨーク上場のDiana Shipping(ギリシャ)はKoch Shipping(米国)へ今年3隻目の傭船契約を締結。対象船はM/V Baltimore(177,243-dwt・Capesize Bulker・Built 2005・名村造船所)で、19~22ヵ月・$15,000/日にて定期傭船契約を締結。これによるDiana Shippingの収益は最低でも約$8.33mとなる見込み。直近のCapesizeバルカー(180,000-dwt)の1年間平均傭船料は$15,875/日。両社は今年2月にM/V Houston(177,000-dwt・Capesize Bulker・Built 2009・SCS SB 中国)を14~17ヵ月・$10,125/日にて契約締結後、3月にM/V San Francisco(208,006-dwt・Newcastlemax Bulker・Built 2017・Jiangnan SY Group 中国)を19~22ヵ月・$16,000/日にて傭船契約を締結。

5/23

木曜日

前営業日 (5/22 水曜) BDI:1059ポイント
前営業日比 (5/21 火曜):10ポイント↑

 

 

 

M/V Mineral China(171,128-dwt・Capesize Bulker・Built 2003・現代重工業 韓国)を$14mで韓国バイヤーに売船。

Norden(デンマーク)はスクラバー搭載のMRタンカーをプレミアムを付加した傭船料にて活発に傭船。同社は新造MRタンカー(50,000-dwt)をStena Bulk(スウェーデン)へサブチャーター。同船はスクラバー搭載、TierⅡに対応しており、$17,500/日にて3年間傭船。これはスクラバー未搭載のMRタンカー直近の3年間平均傭船料$16,500/日を上回る。また、同社は保有するM/T Nord Swift(49,585-dwt・MR Tanker・Built 2015・STX SB 韓国)をKoch Industries(米国)へ1年間・$19,750/日にて傭船契約締結。アナリストによる今後の1年間平均傭船料予測$16,100/日を大きく上回った。同社は保有/長期傭船するタンカー合計26隻へのスクラバー搭載に$54mを投資しており、IMO2020規制導入以降もスクラバー対応にて安価な高硫黄燃料を使用予定。