【2019年6月13日】

2015年建造33,000dwt bulkerの売買及び長期裸用船案件を締結

 

【2019年5月20日】

2020年竣工予定の7,500cbm 1隻と11,000cbm LPG 1隻の合計2隻を新造船契約締結

【2019年5月9日】

2013年建造35,000cbm MGCの売買及び長期裸用船案件を締結

【2019年4月1日】

中古船担当部長として三木朋子が入社

top

毎朝、Daily Shipping Newsをメールで配信しております。その内の一部をHP上でアップしております。
※メール配信希望者はこちらをクリック

mailtop

8/23

金曜日

前営業日 (8/22 木曜) BDI:2118ポイント
前営業日比 (8/21 水曜):57ポイント↑

 

M/T Kalymnos(299,088-dwt・VLCC・Built 2000・大宇造船海洋/DSME 韓国)、M/T Cerigo(299,089-dwt・VLCC・Built 2000・大宇造船海洋/DSME 韓国)を約$25m/隻で中国バイヤーに売船。

 

Vale(ブラジル)のダム決壊事故以降、高騰を続けていた鉄鉱石価格は、供給量の回復と需要の鈍化に伴い過去7ヵ月で最も低い水準に。8月上旬と比較して価格は30%下落し、更に8/21(水)だけで6.3%下落。直近の価格は$82.4/トンに達した。この8/21の大幅な下落は、同日、中国の武安市の一部で鋼鉄生産規制が発表され、市場が過剰に反応したため。同地区では今月末まで生産量を一部縮小予定。ブラジルの週間平均輸出量は4月以降68%回復し、昨年同時期と同水準に回復。しかし、中国は経済と産業の鈍化から今後数ヵ月間、鉄鉱石需要は軟化することが予想される。

8/22

木曜日

前営業日 (8/21 水曜) BDI:2061ポイント
前営業日比 (8/20 火曜):2ポイント↑

 

 

 

M/V Sheng An Da 69(32,906-dwt・Handysize Bulker・Built 2011・Fujian Baima 中国)を$10.75mで中国バイヤーに売船。

 

市場アナリストは、世界のGDP成長率が2%まで減速した場合、2020年のCapesizeバルカー傭船料は$12,000/日、Panamaxバルカー傭船料は$8,000/日まで落ち込む可能性を指摘。米中貿易戦争に加え、ドイツや英国の景気後退などにより世界的不況となれば、コンテナ船需要成長率は当初予測の6.7%から1%に、バルカーは4.3%から0.9%に、タンカーは7.7%から5.1%に下方修正される。市場アナリストは景気後退の可能性を危惧しながらも、2020年の傭船料予測について引き続きPanamaxコンテナ船は$14,600/日、Capesizeバルカーは$18,300/日、VLCCは$60,000/日に達するという見解を維持。