【2019年 3月10日】

5,000cbm LPGの新造船を締結

 

【2019年 2月18日】

2015年建造38,000dwt ハンディー型バルカーの売買及び長期裸用船案件を締結

 

【2019年2月18日】

12,500dwステンレスケミカルタンカーの10年裸用船契約を締結

【2019年 1月21日】

2009年建造53,000dwt Supramax型バルカーの売買及び長期裸用船案件を締結

毎朝、Daily Shipping Newsをメールで配信しております。その内の一部をHP上でアップしております。
※メール配信希望者はこちらをクリック

mailtop

3/25

月曜日

前営業日 (3/22 金曜) BDI:690ポイント
前営業日比 (3/21 木曜):5ポイント↓

 

M/V Corviglia(73,035-dwt・Panamax Bulker・Built 1999・CSBC 台湾)を$5.2mで中国バイヤーに売船。

市場アナリストによると、市況が回復傾向にあるVLCCは今後堅調なスクラップ売船が見込まれる。歴史的にVLCCの平均寿命は船齢25歳。しかし昨年は平均スクラップ船齢は19歳で、この内75%が船齢20歳あるいはそれ以下の船舶。1999年~2005年に引き渡されたVLCCは233隻で、今年最大20隻が船齢20歳以上、80隻が船齢17~19歳を迎える。スクラップ売船となる最大要因はスポット傭船料の下落だが、過去の事例では傭船料$38,000/日を記録した2001年のVLCCスクラップ数は30隻、$55,000/日を記録した2000年は25隻と多く、これらは1970年代半ばに引渡しが集中。このことから、同アナリストは堅調な傭船料の中でも多くの船舶がスクラップ売船される可能性を示唆。

3/22

金曜日

前営業日 (3/21 木曜) BDI:695ポイント
前営業日比 (3/20 水曜):17ポイント↓

 

 

 

ST Shipping(シンガポール)はM/T Searunner(114,129-dwt・LR2 Tanker・Built 2017・Sungdong SB 韓国)を9ヵ月・$20,750/日にて定期傭船。

Cosco Shipping Energy Transportation(CSET/中国)はVLCC2隻の傭船契約を締結。1隻目はM/T Xin Long Yang(308,376-dwt・Built 2017・Dalian Shipbuilding 中国)をExxonMobil(米国)へ3年間・$32,000/日にて、2隻目はM/T Cosdignity Lake(308,013-dwt・Built 2017・Dalian Shipbuilding 中国)をTrafigura(オランダ)へ6ヵ月+オプション3ヵ月・$30,000/日にて傭船契約締結。製油所のメンテナンスなど季節的要因や中東の生産量低下にも関わらず、1年間のVLCC傭船料は2月中旬の$24,500/日から3月15日(金)には$30,500/日に上昇。これは米国による活発な原油輸出によりスポット傭船料が上昇したことに起因。米中貿易戦争による影響は少なく、両国のVLCC傭船活動は活発。