【2019年10月18日】

2010年建造49,924dwt オープンハッチ bulkerの売買及び長期裸用船案件を締結

 

【2019年10月15日】

海事プレスの『日本シップブローカーズ協会設立60周年座談会』の特集に昼田が参加

【2019年9月17日】

2012年建造58,110dwt bulkerの売買及び長期裸用船案件を締結

【2019年8月13日】

2011年建造33,000dwt bulkerの売買及び長期裸用船案件を締結

top

毎朝、Daily Shipping Newsをメールで配信しております。その内の一部をHP上でアップしております。
※メール配信希望者はこちらをクリック

mailtoptoptop

2/28

金曜日

前営業日 (2/27 木曜) BDI:529ポイント

前営業日比 (2/26 水曜):12ポイント↑

 

M/V Adventure III(62,534-dwt・Ultramax Bulker・Built 2019・大島造船所)を$26.3mでMeghna(バングラデシュ)に売船。

市場関係者は、現在のプロダクトタンカーの発注残が過去30年間で最も少ないことから、今年の市況は活発となると予測。直近の発注残は、LR1は僅か6隻、LR2は35隻に留まる。エコ船が高額であることが発注を抑制しており、船主は様子見の状態にあると指摘。プロダクトタンカーの需要成長率は、2015年以降初めて船隊成長率を上回った。コロナウイルスによる影響が懸念される中、アジアでのスポット傭船市場は回復傾向にあり、特に小型船は堅調に推移。

2/27

木曜日

前営業日 (2/26 水曜) BDI:517ポイント

前営業日比 (2/25 火曜):9ポイント↑

 

 

 

Cargill(米国)はM/V Medi Tirreno(60,550-dwt・Ultramax Bulker・Built 2015・大島造船)を12ヵ月・$11,000/日にて定期傭船(Charter-in)。

KSS Line(韓国)は同国現代重工業へスクラバー搭載のVLGC(84,000-cbm)を新たに発注。引渡しは2021年第三四半期を予定。同社は昨年、4隻の姉妹船を約$74m/隻、合計約$300mにて発注済みで、これにより同社のVLGC発注残は5隻に。今回の発注価格は非公開だが、直近のVLGC新造船価格は$85m/隻と、前回の発注時より大幅に上昇。5隻のうち4隻はBGN International DMCC(ドバイ)へ、1隻はVilma Oil(スペイン)へ、それぞれ最大7年間の定期傭船契約を締結。