Athlete

ユニバーシップは東京オリンピックを目指す
鈴木義弘選手を応援しています。

世界で最も普及している一人乗りヨットです。
セールの大きさに比べ艇が重く、失速しやすいため繊細な操作が必要です。
全ての操船と気象を読んでのコースの決定を一人で行う為
気力と体力が必要な種目となっています。

yoshihiro suzuki
全長 4.23m
全幅 1.37m
ハル重量 58.0kg
セール面積 スタンダード7.06㎡
生年月日 2000年6月生まれ
年齢 18歳(高校3年生)
出身 山口県上関町出身
身長 183cm
体重 76kg

東京オリンピックを目指す日本 のトップアスリート

鈴木 義弘

Yoshihiro Suzuki

学生時代ヨットをしていた父の影響で2歳上の兄が小学1年より光セーリングクラブ(山口県)に入会。 兄と一緒にヨットが出来ると思っていたら、未就学児(4歳)であったために入会できず、 ヨットをする兄、クラブ員を支援ボートから2年間見学。

2006年(小学1年) オプティミストに乗り始める。
2008年(小学2年) 第40回オプティミスト級全日本選手権(蒲郡)初出場
2012年(小学6年) 第44回オプティミスト級全日本選手権(葉山) 小学生優勝
2014年(中学2年) レーザー4.7級に乗り始める。
  レーザー4.7級世界選手権(唐津) 出場
2015年(中学3年) レーザーラジアル級に乗り始める。
  第70回和歌山国体 少年男子レーザーラジアル級 優勝
  セーリング種目史上初 中学生スキッパー 優勝
  レーザーラジアル級が採用年度であった為 初代優勝
2017年(高校1年) 日本オリンピック委員会 強化指定選手となる。
  第71回岩手国体 少年男子レーザーラジアル級 優勝
(高校2年) レーザーラジアル級世界選手権において 日本人男子初となる6位入賞
  第72回愛媛国体 少年男子レーザーラジアル級 優勝
  World Sailing ユース世界選手権大会出場(中国三亞)20位
2018年(高校3年) レーザースタンダード級に乗り始める。
  U21レーザースタンダード級世界選手権(ポーランド)出場
  World Sailing ユース世界選手権大会出場(米国コーパスクリスティ)8位
  全国高等学校総合体育大会(インターハイ)優勝
  レーザーラジアル級が採用年度であった為 初代優勝
  第73回福井国体 少年男子レーザーラジアル級 優勝
  少年種目史上初 4連覇を成し遂げる
  全日本選手権レーザースタンダード級において日本人1位に輝く。
2019年 NT選考でLaserクラスにおいて競技団体強化選手(NF強化選手)に選出

オープンビック級

2011年(小学5年) オープンビック級世界選手権(スイス)U-13 3位

オプティミスト級

2008年(小学2年) 第40回全日本選手権(蒲郡) 130位
2009年(小学3年) 第41回全日本選手権(江ノ島) 85位
2010年(小学4年) 第42回全日本選手権(光) 34位
2011年(小学5年) 第43回全日本選手権(唐津) 39位
2012年(小学6年) 第44回全日本選手権(葉山) 小学生優勝 6位
アジア選手権大会(スリランカ) 21位
2013年(中学1年) 世界選手権大会(イタリア) 201位
アジア選手権大会(葉山) 33位
第45回全日本選手権(蒲郡) 14位
2014年(中学2年) 北米選手権大会(メキシコ) 104位

レーザー4.7級

2014年(中学2年) レーザー4.7世界選手権(唐津) 23位/66艇
2015年(中学3年) レーザー4.7世界選手権(オランダ) 105位/258艇

レーザーラジアル級

2015年(中学3年) 紀の国わかやま国体 少年男子レーザーラジアル級 優勝
2016年(高校1年) 希望郷いわて国体 少年男子レーザーラジアル級 優勝
レーザーラジアル世界選手権(アイルランド) 119位/231艇
Laser All Japan Championships(江ノ島) 5位/51艇
全豪レーザーユース選手権大会(オーストラリア) 10位/99艇
2017年(高校2年) キールウィーク(ドイツ キール) 4位/110艇
レーザーラジアル級世界選手権(オランダ) 6位/273艇
笑顔つなぐ愛媛国体 少年男子レーザーラジアル級 優勝
Laser All Japan Championships(光) 2位/72艇
2017 World Sailingユース世界選手権大会(中国) 20位/51艇
全豪・オセアニア レーザー選手権大会(オーストラリア) 3位/75艇
2018年(高校3年) 2018 World Sailing ユース世界選手権大会(アメリカ) 8位/58艇
福井しあわせ国体 少年男子レーザーラジアル級 優勝

レーザースタンダード級

2018年(高校3年) U21レーザースタンダード級世界選手権(ポーランド) 14位/138艇
Laser All Japan Championship(s 境港) 1位/38艇

interview

ー ヨットを始めた時は苦しい事も沢山あった?

鈴木:始めた時は苦しいことがほとんどで早くヨットをやめたいと思っていました。

ー ヨットを継続していて良かったことは?

鈴木:ヨットを競技して行く中で物事に対する観察力、忍耐力、判断力などを身につけることができました。 この力は日常生活の中でも役立っています。

ー 普段どのような息抜きをしていますか?

鈴木:私は音楽を聴くことが好きなので、好きな音楽を好きなだけ聴いて息抜きをしています。

ー 今後の展望や将来の夢は?

鈴木:今後は、東京オリンピックを直近の目標としパリ五輪、ロサンゼルス五輪の3大会に出場し 金メダルを獲得することを目標としています。 将来は自分の選手生活の経験を次世代のユース達に伝えて育成をしていきたいと考えています。

ー 最後に、義弘君と同じく何かを夢見て頑張っている皆に一言。

鈴木:私は、自らが立てた目標・夢に向かって日々活動しています。 私は、「思い通りにいかないことが当たり前だ」という前提を持って活動しています。 思い通りにいかないことを努力してどうにか乗り越えようとするプロセスこそが 目標達成に向けても、また人生においても大切な事だと確信しています。 皆さんも目標・夢を明確に持ち、日々目標達成に向けて頑張っていきましょう。

鈴木 義弘